忍者ブログ
アカギや麻雀ネタなど
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    八木戦
    ツモの流れが良すぎるというかほぼ有効牌しか来ないと言ってもいいヌルさなので普通に不要牌を整理してったら自然にあがれます。ただ上家、下家が張り切ってリーチしてきたり上がってきたりするのがウザいのでリーチのみ、鳴きタンヤオ、鳴きトイトイ、ファン牌とかで1ハンで早上がりを連発しましたよ。基本は早上がりチキン戦法で、隙あらばメンタンピン。そのせいでキャタピラだの無法のドラ単騎のイベントはスルー。
    すごいヘタレな打ち回しなのに安岡から「こいつは天才だ!」とか言われて噴いた。

    市川戦
    自分がやった時はずっとトイツ場のターン!だったので、ひたすらメンタンピン、チンイツ、ホンイツ、トイトイと好き放題にやっている内に、七万点を越し悠々と市川さんを出し抜き、アカギの実力行使、キリねえから点棒半分にしねえ?のイベントが発生して撃破。
    途中、数合わせで入っている他家が張り切って四暗刻ツモとかかまして空気の読めなさを発揮したりしましたがね。お前らの事なかれ主義はどこいったんだよー

    浦辺戦
    南1局~4局内にトップの浦辺に逆転しなければならない(点差は3万点くらい)のが勝利条件ですが、普通に打ってたら浦辺が逃げ切ってゲームオーバーになりました。
    満貫以上の手を作ろうにも他家や浦辺のリーチや上がりで阻まれるわ、張ったら張ったで安牌連打で流局するわ(他家は割と振り込んでくれるけど浦辺は鉄壁)で、自分の雀力ではどうにもならなかったのでカンニングしました……。
    麻雀ゲームで攻略見るとかどんだけヘタレなんだ。
    雀力ある人はちゃんと直撃取れるんでしょうね。
    で、攻略法は原作通りに打つとイベントが発生するんですよ。
    南二局でアカギリーチ→上がらずに流局→ノーテンと言い張って罰符8千点→二局やり直しで四暗刻オープンリーチでケチな点棒拾う気無し→だが上がらず→三局でドラ表示牌のめくり間違いでリンシャンツモが北イベント発生→アカギカンでドラ増やして北単騎待ちリーチ→安牌無い浦辺はあせってカンを二回して北をツモ切り→リーチ、ハイテイ、ドラ10で点数を一気に詰める→原作のまま牌を切り鳴いて浦辺再びハイテイロン\(^o^)/
    切り方を少しミスったせいか魔法と積み木イベントは起こらずでしたが、とりあえずクリアしました。
    なんというか実際にやってみてさぁ…こういう打ち方はできねえなと思った。
    心理操作とか何かもう超能力の域じゃまいか。

    鷲巣戦
    このゲームのセールスポイントであろう、お待ちかねの鷲巣麻雀。
    基本は鷲巣、鈴木の手牌を見ながら、アカギの手を進めていき、安岡はアカギへの差し込み牌を用意していき、アカギの手牌がテンパイになったらリーチで安岡で即差し込みが安全。
    またはイーシャンテン時に鈴木からこぼれた牌を鳴いてテンパイ→安岡差し込み
    鷲巣様からクズだと罵られようが、とにかく素早く安全にあがる事が肝要。
    しょっぱなからいきなりハネマンツモられて血抜かれても泣かない。
    鷲巣麻雀ではざわシステムが発動しないので、鷲巣様が張ってるかどうかわからない状況で、現物でもない、鈴木の手牌にも存在しない牌を切るのはちょっとしたスリルです。
    「張ってないよね?うん張ってない!そうに決まっている!!」みたいにびくびく打つのもこれまた楽しい。
    張ってると思って形を崩して安牌打ったら、鷲巣様の手牌の黒牌が全部打たれてスケスケになりノーテンだったと判明して苦笑するのもまた楽しい。
    流局時、うっかりノーテン罰符で血を100CC抜かれるのもまた楽し…くない!
    とはいえツモは(まだ一回戦を消化していない現在ですが)割と無駄ヅモが少ない感じで、雀力のある方にとってはかなりぬるい難易度だと思われます。
    やっぱりしんじゃうツモ~とかでは苦戦するんだろうか。
    PR
    DSiきたよ HOME DSアカギ(笑)プレイ記1
    Copyright © ototo memo All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]